生活の道具

デザイナー自身の「労働者」体験を骨格に、"仕事道具の実用性"を"生活風景"に適応させた"生活の道具"を提案します。